このサイトについて 「筆者」への連絡
東京急行電鉄9000系電車
Tokyu Corporation Serease 9000 Electric Car
▲東急電鉄のVVVFインバーター制御を採用した量産車の9000系。登場当初は数多くの新機軸を使いこなすために、様々な何台に直面したとも言われている。それも検修陣の苦労によって克服し、総勢で15編成117両が製造された。登場から既に25年以上が経ち、一部は5両編成に変えて大井町線転用がされているが、新都心線との直通運転開始後の動向が注目される。(2004年11月22日 妙蓮寺−白楽)
 東急電鉄が1985年から1991年にかけて製造した通勤形電車である。東急電鉄は、1983年から大井町線で使用されている6000系電車の一部を改造して、当時はまだ開発途上にあった可変周波数可変電圧インバータ制御方式、すなわちVVVFインバーター制御装置の実用試験を行い、翌1984年には営業運転を実施した。これは、我が国初のVVVFインバータ制御車による営業運転であった。これと同時に、台車もボルスタレス台車を装備させて試験を行っている。
 こうした結果を踏まえて、次世代の通勤電車として先行量産車となる第1号編成(9101F)が1985年に落成、東横線に投入された。翌1986年から本格的な量産が開始され、合計で117両が東急車輌製造で製造された。
 車体は東急電鉄のお家芸ともいえる軽量ステンレス構造で、従来の8000系とは異なりコルゲートのない外板を使用している。代わりに、車体の下半分にはビートの入った外板を使用していて、アクセントとしてコーポレートカラーである赤の帯が入っている。また側窓は一枚降下窓で、これは8000系電車から踏襲されている。
 製造当時9000系は営団地下鉄南北線と都営地下鉄三田線との相互乗入が計画されていたため、正面は地下鉄線内での運転を考慮した貫通構造としているが、先頭車を中間に組み込んで運用することを考慮していないため、貫通扉は左にオフセットしたデザインとなり、以後東急の製造する車両の基本デザインとなっている。
 制御装置は日立製GTOサイリスタ素子を使用したVVVFインバーター制御で、主電動機も定格出力170kwの交流三相誘導電動機を使用した1C4Mとしている。また、台車はボルスタレス構造のTS-1004形(電動車)TS-1005形(付随車)を装備。軸箱支持は東急車輌製台車の伝統的なペデスタル式であるが、その他については新機軸を導入した軽量台車となっている。
 車内も新しい試みがなされ、扉間の7人掛けシートには、座席定員の遵守を促進するため3人:4人でシートのモケット色を変え、さらに仕切板を設置した。仕切板から網棚にかけてスタンションポールも設置、立席の乗客への配慮と座席定員の区分を明確にしている。また、車端部には千鳥配置で東急では初のボックスシートを設置している。
 新製以来、9101F-9106F,9107F-9115Fが元住吉に配置となって東横線を8両編成で、9107Fが製造当初より5両編成で長津田に配置され大井町線で使用されてきた。本系列の増備によって、東横線では8090系を編成組み替えの上で大井町線に配転、玉突きで大井町線で使用されていた18m級車体の7000系や7200系電車を目蒲線と池上線に異動させ、異動先である目蒲・池上線では吊り掛け駆動の3000系電車を廃車へと追い込んでいった。しかし、製造から既に20年以上が経ち、後継の5050系の増備と2012年に予定されている東横線と東京地下鉄副都心線の相互直通運転で、副都心線内の勾配における9000系のパワー不足を指摘された関係からか、1部が中間車の3両(T車2両とM車1両)を編成から減じて5両編成とした上で、大井町線で使用されている。この編成組換えに伴う配転により、中間車18両が廃車となっている。
■クハ9000形制御車
  奇数向きの制御車。東横線では渋谷方に、大井町線では大井町方に連結される。
■デハ9200形電動車
 中間電動車(M1)。制御装置とサービス電源(SIV)を搭載する。
■デハ9300形電動車
 中間電動車(M2)。デハ9200形と同じく制御装置とサービス用電源(SIV)を搭載する。
■デハ9400形電動車
 デハ9600形とユニットを組む中間電動車(M)。制御装置とサービス用電源(SIV)を搭載する。
■デハ9600形電動車
 デハ9400形とユニットを組む中間電動車(M0)。制御装置のみを搭載し、他の電動車とは違い集電装置をもたない。
■サハ9700形付随車
 8両編成の奇数方に連結される中間付随車(T2)。補機類を一切搭載しない。
■サハ9800形付随車
 8両編成の偶数方に連結される中間付随車(T1)。空気圧縮機(CP)を搭載する。
■クハ9100形制御車
 偶数向きの制御車。東横線では横浜方に、大井町線では溝の口方に連結される。
広告
P R
(C)2004-2014 Norichika Watanabe Allright Reserved.