このサイトについて 「筆者」への連絡
「筆者」プロフィール 広告
 「鉄路探訪」へようこそ。このサイトでは、筆者こと渡邊憲親が、気の向くままに訪れた「鉄道」を、沿線や駅のようすやエピソードなどを織り交ぜながら、できるだけ日常の姿にも迫りつつ筆者の視点で紹介しています。普段何気なく使う交通機関でもある鉄道を、筆者の記事を読んで「乗ってみたい」「行ってみたい」と思われる方がいらっしゃれば、筆者としてこの上ない幸せです。
 いつ、どこの鉄道に乗るかはその時の気分次第。まさに神出鬼没、気の向くままです。ほかにも、取材した際に撮影した車両の写真とともに紹介する「鉄道車両資料集」や、気になった駅の姿を捉えた「駅舎訪問」など、コンテンツを少しずつ充実させたいと思います。また、「鉄道旅のススメ」では、鉄道を使った旅行のよさをお伝えできればと思います。
ハンドルネーム: 渡邊 憲親(わたなべ のりちか)
出身地: 1972年神奈川県川崎市生まれ
血液型: O型
主な出没地: 駅や線路際、跨線橋など「鉄道」の近く
主な経歴: 神奈川県立某工業高校電子科卒業。
某鉄道会社に入社、電気関係保守業務(信号通信・電力電車線設備)に従事(一番の思いでは、新品まっさらのEF200に通信装置を設置したこと)。
同社退職後、さまざまな職業を経験しながら20代後半では大手電機メーカーでシステムエンジニア。三十路に入って小田急線沿線にある某大学通信教育課程に入学。その後現職(詳細は内緒)。
好きな駅: 鹿児島本線門司駅、鶴見線浅野駅
好きな路線: 鶴見線、指宿枕崎線
好きな車両: EF200,EF64,DE10,113系電車
よく行く場所: 新鶴見信号場と新鶴見機関区の線路際
思い出の1枚:
小学生の頃、わざわざ友人と一緒に乗りに出かけた鶴見線でのショット。民営化が目前の頃で、武蔵白石駅に停車するクモハ12をフィルムに収めていたら、車掌さんから声をかけられ「帽子貸してあげるから写真撮りなよ」と制帽を借りて撮ったもの。この7年後、同じような仕事に就くとは思いもせず・・・。
P R
(C)2004-2014 Norichika Watanabe Allright Reserved.